九州のモモンガ資料


■分類と名称
・ 分類:齧歯目 リス科
・ 和名:ニホンモモンガ(またはキュウシュウモモンガ)
・ 学名:Pteromys momonga Temminck, 1844
・ 英名:Japanese Flying Squirrel

■分布
・ 日本固有種
・ 本州,四国,九州に分布
・ 北海道には同属の別種エゾモモンガ(Pteromys volans orii)が分布

■日本における現状
・ 1991年版の国のレッドデータブック(環境庁 1991)では希少種
・ 2002年改訂版(環境省 2002)ではリストからはずされた
・ 九州と四国での生息調査を緊急にすべき(日本哺乳類学会 1997)

■九州各県のレッドデータブックにおけるカテゴリー(発表年)
・ 福岡県 :情報不足 (2001)
・ 佐賀県 :
・ 長崎県 :
・ 熊本県 :絶滅危惧IB類 (2004)
・ 大分県 :情報不足 (2001)
・ 宮崎県 :絶滅危惧II類 (2000)
・ 鹿児島県:
・ 沖縄県 :(自然分布していない)

■過去の記録地点[年月日](文献)
・ 福岡県 :英彦山上宮附近[1958年以前](高千穂 1890; 黒子 1958)
・ 佐賀県 :
・ 長崎県 :
・ 熊本県 :八代郡五家荘久連子(八代市)[1936.11](黒田 1940, 1948, 1953)
・ 大分県 :山国町(中津市),緒方町(豊後大野市),本匠村,直川町(佐伯市)などで林業家による目撃報告があるが未確認(大分県版RDB 2001, p. 297)
・ 宮崎県 :東臼杵郡北川町上祝子鬼の目(延岡市)[1979.11.6](中島 1993)
・ 鹿児島県:
・ 沖縄県 :(自然分布していない)

■文献
・ 環境庁(編) (1991) 日本の絶滅のおそれのある野生生物 ーレッドデータブックー 脊椎動物編. 日本野生生物研究センター, 東京, 333 pp.
・ 環境省(編) (2002) 改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 ーレッドデータブックー 1 哺乳類. 自然環境研究センター, 東京, 177 pp.
・ 黒田長礼 (1940) 原色日本哺乳類図説. 東京・大阪, 三省堂, 311 pp.
・ 黒田長礼 (1948) 日本の獣. 文祥堂, 大阪, 194 pp.
・ 黒田長礼 (1953) 日本獣類図説. 創元社, 東京, 177 pp.
・ 黒子浩 (1958) 彦山の動物. (田川郷土研究会編:英彦山) pp.663-722. 田川郷土研究会, 田川, 750 pp. 《注:第二版にも同じ論文がある》
・ 中島義人 (1993) 県北山系の動物. みやざきの自然, 7: 10-15.
・ 日本哺乳類学会(編) (1997) レッドデータ 日本の哺乳類. 文一総合出版, 東京, 279 pp.
・ 高千穂宣麿 (1890) 英彦山の動物. 動物学雑誌, 2: 138-139.
・ 安田雅俊 (2007) 絶滅のおそれのある九州のニホンリス,ニホンモモンガ,ムササビー過去の生息記録および現状と課題ー. 哺乳類科学 (印刷中; 2007.12予).

■九州のモモンガに関する情報を集めました.文献等に漏れがあればご教授ください.

メインページへ戻る